アラスカ、北氷洋のアメリカ第一の大州、「世界最後の荒野」という」。それをよく知らないので、冷戦の前衛の立場は、オーロラのフェアバンクス、あるいはエスキモー人の雪の橇犬や森の中で憨憨のヒグマ、旅行、私達を追うのは、道路の荒野。カナダから入っアメリカ後、北上していきに直通北極海のダルトン道路、その後一緒に南下し、いち番道路の果てに探して条世界最長の海大通り、期間は2回の元の生態を意図的に維持はち号道路を経由して、最後よんしよ号、ご号道路を離れる。アラスカ荒野にの道路網は密集して、沿道の景色は十分が支えて1部の道路。

ダルトン道路、車ごともなく

つもり道から北へ北氷洋、実行可能前から知って、北極圏に入る後の道路状況が不安定で、車はダルトン道路の果て、必要じゅうろくキロ歩いても見ることができる北極海。北極海のセクションに所属油田の領地を制限するのは、自家用車を運転し、控えなければならない北極海の最後の町をはじめ徳つと灣に申請し、さらに一日の安全審査、内に入ると団。そして、北極圏からはじめフェアバンクス徳つと灣まで何百キロで、景色が単調区間は多く搓板路石、わずか25%のアスファルトに行く日、往復ご。最終的には、北極圏の境界まで、北上、北上、危険な道程を放棄することを決めました避孕方法

秋のアラスカは一年で一番美しいと、大地はこってりに染められている。出たフェアバンクス、に沿って号道路に北上し、やがて本当の荒野に入った。道ばた2列に並んだ私書箱と偶然の油田輸送車、無理に人類の存在を注意することができます。ツンドラの関係に入るので、木には決して高く両側長茂って、枯れ枯れた白、黒枝をサラサラに間が灌木で、低い红莓地面を敷き詰めて、一面の明るい紫色。

もうすぐ、第一の足がかりに到着――北極圏の店。店主のジョー・卡尔森36年前に妻と一緒にアメリカ本土からミネソタ州この旅行で滯在する。彼らは荒れ野に家を建て、23個の子供を育て、そのうち18個は縁組の。ジョー店のものはすべてについて北極圏の本、木彫、衣装など、その手描きハガキといくつか出て彼の妻の手工芸品。お客さんと別れるときに、乔会送上1部の彼自身の道路地図を描くダルトン、真剣に要求を再びここを訪れる客が帰って来る時、彼が「ジョー市市長」の名を無料で行って北極圏の人に交付北極圏を越えて証明書を閉じ「ジョー市」の刻印生髮

店を出て10分も走行し、ダルトン道路に正式に入っても。ダルトン道路は北はいくら徳つと灣の感謝祭霍斯、南の太平洋沿岸のアラスカ瓦德茲港、BBCの評価が世界で最も危険な道路、道路を走ったトラックの運転手としてもされ全アメリカ最も大変な職業。道路の始まりは1974年の最北端は北米道路の果て、終身に取り組んでアラス頑張って田開発、若い頃奮戦北極で石油探査前線のジェームズ・ダルトン命名、建設の目的は道に合わせるためにずっとのアラスカ油送管道。この本のパイプを越えた300以上の川と近650キロの凍土帯、全長1480キロ、年油送量いち億きゅう、く千万バレル以上は、アメリカ最大の近代化のパイプラインであり、アラスカの1本の経済命綱、ここの石油採掘量を占めるアメリカ採掘量の近いち/じゅう。ダルトン道路の道路も悪いが、輸送は忙しくて、夏の時平均は毎日160台のトラックを通じて、冬は更には最大250台。

午後ろく達が少し寒いキャンプに足を経て、ダルトン道路の旅、車ごともホコリの。ここはガソリンスタンドが、価格はきわめて高くて、一5.29ドル1ガロン康萃樂益生菌。準備中なので帰りのガソリンを満タンにだけではなくて、みんなは予備タンク、ドラム缶も満タン。ある油送パイプのパイプを守って、アメリカで最も高価なガソリン。キャンプ場の向こうは北極地域観光客中心、ここからの砂利道路ではもはやホテル、旅館、他のサービス施設もない、ただ山、森、北極圏の果てしないツンドラはもちろん、くねくねと続くダルトン道路やパイプラインの二つのような広大な大地にリボンを越えて。